部屋探しナビは学生の部屋探し、一人暮らし、学生生活を全力サポートする情報サイトです。

一人暮らしの生活費を抑えたい!交際費はこう節約する

一人暮らしの生活費に影響があるのが、ずばり交際費です。とくに学生の一人暮らしの場合には交際費が想像以上にかかってしまうもの。今回はそんな交際費の節約方法について紹介!生活費を抑えたい人は必見です。

「交際費を節約すれば生活費を抑えることができる☆」

生活費の節約というと食費や水道光熱費の節約を考える人が多いですが、実はそれよりも節約を考えるべきなのが交際費です。

学生の一人暮らしとなれば、友人や仲間との付き合いも多く、一人暮らしの寂しさから必要以上に交際費にお金をかけてしまう人も多いもの。

なかなか節約が難しく思えてしまう交際費も、こんな風に節約するようにしましょう!

「寂しいからという理由で外出を増やさないようにする」

一人暮らしの生活費を抑えたいと思っている人にとって、交際費の出費がネックになってしまっている人も多いはず。

とくに学生の場合は何かと交際費にお金をかけてしまうことが多いものです。

交際費が生活費の負担にならないようにするためには、まず心掛けておきたいことがあります。

それは寂しいからという理由で外出を増やさないようにすることなんですね。

一人暮らしをしていれば寂しいと感じてしまうことはもちろん多くなります。

そのため寂しい気持ちを紛らわすために友人と外出をしたり、交際費にお金をかけてしまっている人って実は多いんですね。

寂しさを紛らわすことはできても、それが原因で生活費の負担になってしまうようでは節約どころではありません。

寂しいからといって交際費にお金をかけてしまう生活はやめるようにしましょう。

寂しいと思うとつい友達を誘ってしまう、あるいは友達の誘いに乗ってしまうという人は、他に寂しさを紛らわす方法を考えることをおすすめします。

たまにはそういった交際費の使い方も良いですが、寂しいと思うたびに交際費にお金を使ってしまうようでは月々の交際費はかなりのものに。

生活費を節約する第一歩だと考え、お金をかけずに寂しさを紛らわす方法を見つけられるようにしたいですね。

「スケジュール管理をしっかりとしておく」


一人暮らしの交際費を節約したいと考えているのであれば、まずはスケジュール管理をしっかりとすることをおすすめします。

実は交際費が無駄にかかってしまう人の多くが、スケジュール管理をしっかりとしていない人に多いんですね。

スケジュール管理がいい加減だと、誘いを受けたりすればすぐにその場でOKしてしまったり、気が付けば予定でスケジュールがいっぱいになってしまっている!なんてことも多くなるのです。

これでは交際費が必要以上にかかってしまい、生活費の負担になってしまうのも当然のことでしょう。

日頃からスケジュール管理をしっかりしておけば、その月の予定などもすぐに目を通すことができるので、無駄に交際費にお金をかけてしまう心配がなくなります。

「今月はもうこんなに予定が埋まっているから食事に行くのはやめておこう」「これ以上予定を入れると出費が大きくなってしまうな…」など、自分で交際費の管理をしやすくなるわけですね。

スケジュール管理をしっかりとしていないと、気付けば友達と外食にばかり出掛けていたり、お金のかかるお出掛けを月に何度も予定してしまったり…なんてことにもなりがちなのです。

生活費の節約のためにも、しっかりとお金のかかる予定は管理しておくことが大切ですね。

「月々の交際費に上限を決めておく」

生活費の負担になりやすい交際費ですが、学生という立場では交際費を全くかけずに生活をするというのも難しいことだと思います。

むしろ人間関係を良好に築くためには、ある程度の交際費の負担は仕方のないものだと考えることも大切なこと。

しかしだからといって使いすぎてしまえば交際費が生活費の負担になってしまうのも事実です。

交際費を節約したいのであれば、交際費に上限を決めるようにしておくのはどうでしょうか?

交際費にある程度のお金がかかってしまうのは仕方のないことです。

だからこそ毎月使っても良い交際費に上限を決めることで、本当に必要な交際費のみにお金をかけることができるようになります。

たとえば一人暮らしの交際費の一月の平均額は大体1万円前後と言われています。

ならば交際費は毎月1万円までと考え、それ以上交際費にお金をかけないように計算をしながら予定を入れるようにしてみましょう。

本当に必要な交際費に関しては早い段階で予定を入れておき、それ以外の予定に関しては残りの交際費と計算しながら予定を入れるか考えるようにすれば良いのです。

交際費に上限を決めることで、交際を拒否することなく、お金を使いすぎずに生活することができますよ。

「断わり上手になる」


交際費が一人暮らしの生活費の負担になってしまうのは事実!

しかしながら交際費をなかなか節約することができないという人には、そもそも誘いを受けたら断ることが苦手な人も多いのではないでしょうか?

自分からは誘うわけではないけれど、誘われてしまうとNOと言えない人、学生の場合はとくに多いものなんですね。

もしも誘いを断わったら気を悪くするんじゃないか、友達関係が上手くいかなkなるんじゃないか、なんて心配をしてしまう人は少なくないはず。

たしかにどんな誘いもOKしてくれる友人は付き合いが良いイメージではありますが、だからといってそれ以上でもそれ以下でもないものなんですね。

いつも誘いを断わってばかりだと印象が悪くなってしまうことはもちろんありますが、たまに誘いを断る程度であればそれほど気にすることではないのです。

交際費の節約を考えているのであれば、断わり上手になることも実は大切なこと。

断わり上手な人というのは余計な言い訳を考えたり、断るまでに時間をかけたりしないで、きっぱりと誘いを断われる人のことです。

断わるためにあれこれ考えすぎずに、理由をはっきりといって誘いを断われるようになりたいですね。

断わり上手になれば交際費も節約しやすくなるはずですよ。

「交際費を安く済ませられるように工夫する」

交際費にお金がかかるといっても、工夫次第で交際費というのは安く済ませることも可能なんです。

生活費の負担になるとはいえ、友達との交友時間を減らしたりするのはなるべくしたくないと考える人もいますよね。

そんな人はできるだけ交際費にお金をかけないように工夫することで、交際費を節約してみてはどうでしょうか?

たとえば飲食店を利用するときにはクーポンや割引券を使って安く利用できるお店を探したり、遊びに行くときは無料施設や入館料などが安く済むスポットを探して提案をしてみるなどすれば、交際費を安く済ませた上で友達との交友時間を楽しむことができます。

せっかく一人暮らしをしているのですから、交際費になるべくお金をかけたくないときは友達を自宅に招いてみるのも◎

料理を振る舞ってあげたり、安く済ませることができるホームパーティを開いたりすれば、お金をかけなくても自宅で楽しむことが可能です。

交際費を節約するとなると、人との交際そのものを拒否しなければならないように思いがちですが、実際は拒否をしなくても交際費を節約することはできるんです。

仲の良い友達の場合などは、節約中であることを説明して協力してもらうのもアリでしょう。

「学生でもできる!交際費の節約を考えてみよう!」

いかがでしたか?

一人暮らしで生活費を節約したいと考えたとき、やはり出費として気になってしまうのが交際費ですよね。

学生の場合はとくに交際費にお金がかかってしまいがちですが、一人暮らしの生活費を節約するのは交際費も削りたいと考えている人は多いはず。

なかなか難しいことのようにも思えるかもしれませんが、ここで紹介した内容を参考にして考えれば、学生でも交際費の節約をすることはできると思います。

ある程度の交際費は必要がないとしても、交際費で一人暮らしの生活がままならない…なんてことにならないように、意識して使うようにすることは大切なことですよ。

コメント

  1. もり より:

    交際費って想像以上にかかるものですよね。学生時代だったらお金がないのはお互い様だったけど、社会人になると先輩に飲みに誘われたら断りにくいし、あんまり断って職場の人間関係に影響与えたらと考えてしまうし。かと言っておごってもらえるわけでもないし。プライベートな交際費を抑えるしかないですね。

  2. 梨里杏 より:

    交際費って高くつきますね!
    飲み会に参加したら普通に1回3000円とか!
    そのあと二次会行ったりしたらすぐ5000円くらい飛んでいきます。
    バイトで5000円稼ぐって何時間かかると思ってるのか…
    人付き合いも大事だけど考えながら使わないと
    交際費で破産しますね。

もり へ返信する コメントをキャンセル