部屋探しナビは学生の部屋探し、一人暮らし、学生生活を全力サポートする情報サイトです。

憧れの一人暮らし!インテリアを重視した部屋探しって?!

一人暮らしの部屋でも、インテリアにこだわりたいという方は少なくありませんよね。ですが、インテリア重視の一人暮らしをしたいなら、部屋探しの時点からこだわりを持って選ばなければなりません。では、具体的にはどのようなポイントにこだわって部屋探しをすれば良いのでしょうか?

●一人暮らしでもインテリアを楽しみたい!

せっかく憧れの一人暮らしをスタートさせるなら、「ただ生活できる部屋」ではなく、「素敵なインテリアに彩られたオシャレな部屋」に住みたいものですよね。

ですが、一人暮らしで多くの方が選ぶのは、ワンルームや1Kといった、限られたスペースの部屋です。

そんな部屋でも、一人暮らしなりのインテリアを楽しみたいのであれば、部屋探しの時点から、それなりにこだわりを持っておかなければ、思うようにいかなくなるかもしれません。

そこで、そんなインテリアにこだわりたい方に向けて、一人暮らし用の部屋探しをする際のコツを紹介していきます。

●専有面積をチェック!

一人暮らしの部屋探しで、インテリアにこだわりたいのであれば、やっぱり「それなりの広さ」が欲しいところですよね。

そこで多くの人がチェックするのが、物件情報にある「○畳」という情報です。

ですが、実はこの「○畳」という表記は、一人暮らし用の部屋でインテリアを満喫したい方は、少々気を付けなければならないポイントになります。

実は○畳という表記は、物件によっては、生活空間だけでなく、お風呂やトイレ、ベランダなどの広さまで含んでいることもあるのです。

「10畳なら広いから、一人暮らしには十分だし、インテリアも楽しめる!」と思って住み始めてみると、実際にインテリアが楽しめる空間は思ったよりも狭く、後悔することになるかもしれません。

一人暮らしをしながら、主に生活をし、インテリアも楽しめる空間の広さを知りたいなら、「専有面積」をチェックすることが大切です。

この専有面積は、主に生活をする空間の広さを示す指標になりますので、同じ「10畳」の物件でも、できるだけ専有面積が広いところを選んでおいた方が良いですね。

●収納は事前によく調べよう!


インテリアにこだわった一人暮らしをしたいのなら、収納は特に大きなポイントになります。

収納が少なかったり、使いにくい収納しかなかった場合、部屋の中に「物」が散乱しやすくなり、スッキリとしたオシャレな部屋を作りにくくなるのです。

特に一人暮らしでも、広々とした部屋を演出するインテリアを実現したいのであれば、収納の中にできるだけ「物」を入れられるようにしておくことが大切です。

例えばチェストなども、部屋にドンと置くよりも、クローゼットの中に入れた方が部屋がスッキリし、インテリアを楽しめる空間が広がりますよね。

そこで重要になってくるのが、クローゼットの高さや奥行きといったポイントになります。

極端に低かったり、途中に棚があったり、奥行きが狭かったりすると、チェストをすっぽり入れることが難しくなることもあります。

インテリアにこだわった一人暮らしをしたいなら、間取り図などでは分かりにくい収納部分は、しっかり内見して確認しておくことが大切ですね。

●ワンルームより1K!

一人暮らしでインテリアを重視したいのなら、おすすめなのはワンルームよりも1Kと言われる間取りの部屋です。

ワンルームだと、部屋の中にキッチンもある状態になり、しかも玄関から部屋が丸見えになってしまいます。

インテリアにこだわりがあるなら、できるだけキッチンとは別の空間として、部屋をオシャレにしたいところですよね。

もちろん、ワンルームでも工夫次第で、キッチンありのスペースをオシャレなインテリアで飾ることは不可能ではありません。

ですが、一人暮らしの部屋でワンルームと1K、「どちらがインテリアを楽しみやすいか?」ということであれば、やはりキッチンを別物として考えられる1Kということになるでしょう。

1Kなら、キッチンはキッチンでオシャレに演出することもでき、インテリアの楽しみが広がります。

ワンルームに比べると、多少は家賃が高くなる可能性はありますが、一人暮らしでインテリア重視の部屋探しを考えているなら、1Kという間取りにこだわってみましょう。

●ロフト付きの部屋もアリ!

インテリアにこだわりたいけれど、一人暮らしだからそんなに広さは要らない・・・

そんな希望を叶えてくれるのが、「ロフト」という部分です。

一人暮らし用のワンルームや1Kといった間取りの場合、どうしても寝る場所が部屋の中にあるため、これが場所を取ってしまいます。

ベッドを置けば、ベッドそのものがインテリアの主役のようになってしまい、例えばソファを置きたい時には、かなり邪魔になります。

布団を敷く場合は上げ下ろしが面倒で、しかも収納場所にも困ってしまいますよね。

そんな困った「寝る空間」という問題を解決してくれるのが、ロフトと言われる部分なのです。

ロフト部分があれば、ここに布団を敷いて寝る空間として使うことができるので、一人暮らしの小さな部屋でも、インテリアを楽しめる空間はグンと広がります。

憧れのオシャレなソファやテーブルを置くこともできてしまいますね。

しかも、ロフトという部分があるだけで、部屋がオシャレに見えてしまうというメリットもあります。

ロフト部分そのものがオシャレなインテリアの一部になってくれるので、インテリアにこだわった一人暮らしをしたい方には、大変魅力的なポイントになるでしょう。

また、ロフト部分があると、部屋の天井が高くなるというメリットもあります。

一人暮らし用の狭い部屋であっても、天井が高くなれば開放感が生まれ、広々とした印象になるのです。

ロフト付きの一人暮らし用の物件は、家賃がやや高くなる傾向はありますが、インテリアにこだわりたい方にはメリットが大きいため、ぜひ候補に入れて検討したい物件と言えますね。

●窓の確認も忘れずに!

インテリアにこだわった一人暮らしをするための部屋探しで、意外と忘れがちなのが「窓のチェック」です。

実は住み心地の良い部屋を見つけるために、窓というのは、とても大切なポイントになります。

窓は換気をしたり、明るい光を取り入れたりと、とても大切な役割を担っています。

そして、一人暮らしのインテリアにおいても、窓が果たす役割は大きいのです。

一人暮らしの場合に多い間取りである、ワンルームや1Kといった間取りの場合、窓は主に、ベランダに繋がる大きな掃き出し窓が1つ、ということが多いですね。

この窓が、例えば北向きであったり、南向きでも目の前に高い建物があったりして、光を遮られてしまうような窓だったらどうでしょうか?

住み心地が悪くなるうえに、せっかく素敵なインテリアで一人暮らしのお部屋を飾っても、薄暗くてジメジメしていては、オシャレに見せることも難しくなってしまいますよね。

日当たりが良く、窓から見える景色までキレイな部屋なら、そんな景色さえもインテリアの延長のような楽しみ方ができます。

また、窓の大きさも事前に確認しておくと良いでしょう。

一人暮らしの、あまり広さのない部屋を広々と素敵に見せるために、大きな役割を担うのが「カーテン」です。

大抵のマンションの窓は、市販のカーテンで対応できる大きさとなっていますが、中には特殊な大きさの窓を用いているところもあるかもしれません。

そのような場合、好みのカーテンに合うサイズが無かったりして、インテリアを考えるうえで大変面倒なことが起こってくる可能性もあります。

窓やカーテンはインテリアの要。

向きや外に見える景色、大きさは、事前に徹底的に確認しておきましょう。

●じっくり内見して素敵な部屋探しを!

一人暮らしの部屋でも、工夫次第でインテリアを楽しむことは十分可能です。

ですが、そのためには、そんな「一人暮らしでもインテリアを楽しみやすい間取りや設備の部屋」を見つけておくことが大切です。

間取り図を見たり、写真をチェックしたり、不動産屋さんに相談したり・・・

もちろん、これらの方法でも、ある程度はどんな部屋なのか、イメージすることは可能です。

ただ、本気でインテリアにこだわった一人暮らしをしたいなら、これらの情報だけでは分からないことも多いのです。

まずは自分自身の目で見て、納得できる、いざ一人暮らしを始めた時にどんなインテリアを楽しめるか、イメージが湧くような部屋を見つけることが大切です。

そのためには、できるだけ実際に物件に出向き、内見をして、細かい部分までじっくりチェックするようにしましょう。

コメント

  1. 自由自在 より:

    やっぱりインテリアにはできる限りこだわりたいです!!
    自分のイメージ通りのコーディネートが完成したら嬉しくなっちゃいます。
    でも、間取りや広さも事前に確認しておくという所はすっかり見落としていたので、
    紹介してもらえて助かりました。こういうの知れてよかった!

  2. りんりん より:

    せっかく一人暮らしをするなら雑誌に出てくるような
    おしゃれなインテリアを楽しみたいですよね~。
    寝るだけの部屋になるとは言え、やっぱりおしゃれな部屋じゃないと
    人を呼ぶこともできないし。
    今は毎月少しずつインテリアにお金をかけているところなので
    おしゃれな部屋になるのは遠い先になりそうですが。

りんりん にコメントする コメントをキャンセル